Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c9546595/public_html/fun-aquponi.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
水温15℃以下に耐えたティラピアの飼育事例を紹介|【アクアポニックスの始め方】ブログ
実践

水温15℃以下に耐えたティラピアの飼育事例を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、ふぁんです。

3年間の屋内アクアポニックスを経て、10月初旬から屋外で実践を始めました。

アクアポニックスで栽培中の野菜

ティラピアを飼育しながら、野菜、イチゴ、ワサビを栽培中です。

小さなティラピアの画像

今回は水温15℃以下に1日耐えたティラピアの飼育事例を紹介します。

と言っても、飼育の失敗談です。

12月初旬の寒さの中、水槽のヒーターを切ってしまい、7割のティラピアが星になりました。

悲惨な出来事で心が折れそうですが、この失敗から分かったことがあります。

それは寒さに耐えたティラピアがいることです。

この記事ではどのような環境で生き延びたのかをお伝えします。

ティラピア飼育を検討されている方はぜひ参考にしてください。

これまでのティラピア飼育

ティラピア飼育の大まかな流れ

  • 8月中旬 ティラピア16匹の飼育を始める
  • 10月中旬 アクアポニックスに入れる
  • 12月初旬 ティラピアが星になる事件が起きる

約100日の飼育で、体長は3㎝から10㎝弱に成長しました。

ティラピア稚魚の画像
飼育当初
体に模様が見えてきた

エサやりを平日は1回、その他は3回、行っていました。

ティラピア飼育は初挑戦ですが、よく食べます。プラ舟に近づくとエサをもらおうと寄ってくる魚もいました。

ティラピアが星になる事件

  • 事件の詳細
  • 生き残った魚の救命処置
  • 事件当日の水温変化の検証
  • 10日経った現在の状況

4つに分けてお伝えします。

事件の詳細

ティラピア16匹の内、11匹が星になりました。

私のミスで水槽のヒーターを切ってしまい、ティラピアが水温変化に耐えきれなかったからです。

アクアポニックスの機器の配線整理をした際に、誤ってヒーターの電源をオフにしました。それに気づかず翌日の朝になりました。普段どおりプラ舟にエサを入れてもティラピアが食いつかず、波板のすき間から星になったティラピアを確認。その時はあまりのショックに全体を確認できず、夕方に帰宅した際に水槽を再度見ました。すると、6匹のティラピアが生きていたのです。ほとんど動きません。その時(18時)の水温は15℃でした。

朝の時点で全体を確認しておけば、ここまで大きな被害は出なかったかもしれません。

悲しくて苦い経験となってしまいました。

生き残った魚の救命処置

夕方にティラピアの生存を確認した後、すぐに救命処置を行いました。

  • 水中ポンプを切り、野菜ベッドとの水の流れを遮断
  • 星になったティラピアを回収
  • ヒーターを30℃に設定
  • バクテリアを入れる
  • フィルター付きのエアーポンプを入れる

ヒーターを入れても水温はすぐに上昇しません。

20℃に達するまで5時間ほどかかりました

以下、水温の経過です。

時間水温
18時15℃
21時18℃
23時20℃
翌日7時22℃
18時27℃
救命時の水温の推移

翌日の18時にさらに1匹が星となり、5匹が生き残りました。

事件当日の水温変化の検証

事件の2日後、「ヒーターを切ったら、その後の水温はどのように推移するのか」を確認しました。

事件当日の水槽と同様の環境を作って実験です。

ヒーターで水温を26℃にした水50ℓをプラ舟に用意。

18時に電源を切り、その後の水温の変化を調査しました。

その結果、水温が10℃以下になっていた時間帯がありました。

水温変化は以下のとおりです。

時間水温
18時26℃
20時20℃
21時16℃
22時14℃
23時14℃
翌日7時8℃
9時8℃
10時9℃
17時14℃
事件当日の水温推移を考察

水温10℃以下の環境が数時間あったと考えると、ティラピアは耐えきれないでしょう。

一方で5匹が生き残ったため、耐えることのできる個体もいることが分かりました。

10日経った現在の状況

事件から10日が経ちましたが、5匹は生きています。

少量のエサを3日に1回ほどあげています。

泳ぎは素早く元気です。

特に後遺症は見られません。

ティラピア飼育の今後について

結論から言いますと、今のティラピア飼育(アクアポニックス)を継続しつつ、新たにティラピアを追加する予定です。

今回の悲惨なできごとは単純なチェックミスが原因でした。

  • 機器の配線をいじる時は、時間に余裕をもって慎重に作業する
  • 有事(機器の故障やトラブル)に備え、予備のヒーターを準備する
  • 日々、水温変化を確認する
  • 魚をしっかり観察する
  • 有事には即行動する

ティラピアを立派に成長させれるようにこれからも頑張ります!

「今回の記事が役に立った」と思われた方はTwitterやSNSで共有いただけると幸いです。

以上!ご覧いただき、ありがとうございました。